Access、SQL Serverによるデータベースソフトウエア開発、保守、修正

「Oracle」から「Access(SQLServer)」への移行

TOPデータベース開発他のツールからの移行例「Oracle」から「Access(SQLServer)」へ

  • 「Oracle」で業務を運用しているお客様は、新しい機能を追加するタイミングで、Accessシステムを採用されました。
    Oracleのサポート費用を見直した結果、コスト削減やカスタマイズ性に優れたAccessやSQLServerへと一部移行されるお客様がいらっしゃいます。弊社が対応した、開発案件を下記にまとめました。

  • 「Oracle」から「Access(SQLServer)」へ

    1. 「Oracle」導入時期

      ・ 情報系システムのエンジンとして、基幹システムを構築・運用してきました。

    2. 新機能追加及びAccess(SQLServer)との出会い

      ・ Oracleの保守サポートが費用対効果に見合っているかが経営課題でした。あわせて、小規模システム開発は保守サポート対象外でしたので、その分開発経費がかかることが悩みでした。 そこでコストの削減が可能なAccessとSQLServerでのシステム構築を検討しました。「Access」「データベース」というキーワードで検索し、 複数社の開発会社に提案をしてもらいました。

      →複数社のひとつがジュビロシステムであり、AccessとSQLServerでの開発を進めてくれました。ジュビロシステムさんは、丁寧に話を聞いてくれたことや、3年後、5年後、10年後を見越した費用対効果を説明してくれたこともあり、お願いすることにしました。

    3. 現在とこれからのシステム

      ・ 現在は、小規模システムが中心ですが、順次Accessや.Netでのシステムも実現してもらう予定です。

      →保守サービス契約も締結して、軽微な仕様追加や変更は保守内で対応してくれるので、予算的にも安心です。

    4. 現在のシステム

      基幹システムのため、小規模開発には則していない。
      →Accessや.Netでは柔軟にシステムの構築が可能です。

  • Accessのメリット

    • MicrosoftのOffice製品なので、ExcelやWordとの親和性が良い
      (例:紙に印刷せず、Excelに出力することもできます。)
    • 開発業者が多い(たくさんの会社から、最適な業者に委託することができます)
      ※開発経験豊富な弊社へ、是非ご依頼下さい!
    • 参考書籍の出版数が多い
      (勉強すれば自分自身で機能を追加することもできる)
    • インターネット上に豊富な情報源がある
      (困った時でもインターネットで調べられます)
    • Accessを実行するだけならば、無料のランタイムがある
      (利用するPCを増やしても、余計な費用が掛からない!)
  • Oracleを元にした作成したシステムを運用をされていて、「開発を行った担当者が退職して機能追加や保守修正ができない」、消費税増税による税率変更に対応し、消費税計算の修正を行いたい、Windows XPのサポート中止に伴い、新しいOSのシステムに移行したい、Accessをバージョンアップしたらシステムの動作不良が発生した、などでお困りのお客様、お気軽に弊社へご相談ください。

データベース開発TOPに戻る

お問い合せ・お申込み 03-5302-6077 またはお問い合わせフォームまでお願いいたします。

PAGE TOP

電話する フォームでお問合せ